看護師ブログ

周産期母性科では、新人助産師8名を迎えることができました。
新人助産師は学生時代にそれぞれの実習施設で分娩介助方法を学んでいるため、就職後は当院の分娩介助
方法を覚えるために、先輩看護師による演習指導やDVDでの自己学習を行います。
その後、5月の連休明けから先輩の分娩介助チェックを受けてOKが出ると分娩介助業務が開始となります。
今回、演習後の自己練習中からチェックまでの新人助産師の気持ちをご紹介します。

Q.分娩介助の練習はどのように行ないましたか?
A.
・業務終了後に同期と分娩室で分娩モデルを使って練習しました。先輩に声をかけて見てもらう
 こともありました。
・マニュアルやDVDを見てイメージトレーニングをしました。
・勤務の空いている時に時間をもらって練習しました。
・自宅や通勤時にマニュアルを見てイメージトレーニングしました。
・同期に産婦役になってもらい介助中の声かけの練習をしました。

Q.練習しているときは、どんな気持ちで練習していましたか?
A.
・学生の頃学んだ手技やお産の場面を思い出しながら、練習とはいえ緊張感がありました。
・先輩も遅くまで付き合って下さりありがたいなぁという気持ちと同期も頑張っていて1人では
 ないんだという心強い気持ちでした。
・病院のやり方を早く習得しないと!!という気持ちで練習しました。
・少ない時間で練習できるときには「この時間でできるだけのことは吸収しよう」という気持ち
 でした。
・お産を介助できるワクワクを感じながらやっていました。

Q.先輩からOKが出た時はどんな気持ちでしたか?
A.
・自分が介助できる嬉しさの反面、安全にできるだろうかという怖さや責任感がとても大きいです。
・「あぁ、やっと合格できた!」と素直に思いました。
・お産を担当するのが楽しみで嬉しかったです。また、気を引き締めて産婦さんの満足いくお産のサポート がしたいと思いました。

Q.これから産婦さんと、どんなお産ができればいいなぁと思っていますか?
A.
・産婦さんの主体性を活かして本人とご家族の満足いくお産のサポートがしたいです。
・一生のうちの大切なイベントなので、一例一例、助産師として関わらせていただけることに感謝したい
 です。
・産婦さんにとって安心して充実したお産になるように介助できればいいなと思っている。
・産婦さんが「私、頑張ったな」と思えるような、そして「この助産師さんについていけば頑張れる・
 大丈夫・心強い」と思ってもらえるような介助をしたい。
・産婦さんが「自分の力を最大限に発揮できて良かった」と満足できるようなお産をサポートしたいです。



このページの先頭へ

今年度は、専門看護師、認定看護師のみなさんに、現在取り組んでいらっしゃることをご紹介頂きます。

第3回 老人看護専門看護師
***

認知症は“高齢者の病気”というイメージが強いのですが、65歳未満で認知症を発症する“若年性認知症”の人もいらっしゃいます。
実際、若年性認知症の人たちは周りのサポートを受けながら仕事を継続する人もいます。しかしその他の若年性認知症の人たちの居場所は家以外に過ごす場所は数が限られており、介護保険の認定を受けたとしても、介護保険サービスは高齢者の利用が多いために、利用が難しいのが現状です。

当院の認知症疾患医療センターでは、若年性認知症の人とその人を支える家族や支援者が集う場所を提供する目的で“認知症カフェ ここの木”を開催しています。
6月に今年度最初の認知症カフェを開催し、当日は家族や支援者向けに脳神経内科の医師から認知症についての講義を、そして若年性認知症の人たちはスタッフと一緒に色カルタを楽しみました。最後には家族同士がLINEでつながるなど、とてもにぎやかな会でした。
認知症を持つ人たちやその家族、支援者を支えるためには、その人たちが生活する地域との連携が大切です。今後もこのような地域にも目を向けた取り組みを継続し、住み慣れた地域で認知症の人とその家族や支援者がつながり、安心して生活を送ることが出来るように努めていきます。



このページの先頭へ