看護師ブログ

オーストラリア・メルボルンにある創立148年の歴史あるアルフレッド公立病院で、2月4日から8日の5日間、心臓移植に関する研修を受けてきました。今回のメンバーは、心臓移植に関わる医師や薬剤師、看護師など総勢12名でした。
アルフレッド公立病院は、ヴィクトリア州で唯一の移植施設であり、心臓移植を年間30症例行い、移植後の患者さん400名ほどが外来通院しています。心臓移植はドナー(心臓提供者)が現われると院内での移植待機リストに照らし合わせて迅速に手術が行われます。



そうした病院で、私たちは、3つの目的をもって研修しました。
①オーストラリアの臓器移植医療の仕組み、現状、動向を把握する。②ドナー受け入れから、患者へ移植するまでの心臓移植の流れを学ぶ。③移植コーディネーターの役割、活動について理解する。
研修に参加して、日本とは異なる医療環境と医療水準、看護体制を学ぶことで、日本の医療や看護をとりまく環境について考えることができました。また、オーストラリアでは看護師の専門性が尊重されているため、合理的、機能的に行われているチーム医療はとても参考になりました。また、他部門の年代の違うスタッフの方と海外研修に参加し交流することで、様々な情報交換ができ、自分の看護を見直す良いきっかけとなりました。
当院は2018年度、今までのVAD(補助人工心臓)取扱いの実績が認められ、全国で11施設目の心臓
移植施設の承認を受けることができました。今回の研修での学びを生かし、心臓移植看護の体制を構築していきたいと思います。



このページの先頭へ

今年度は、専門看護師、認定看護師のみなさんに現在取り組んでいらっしゃることをご紹介頂きます。

第12回 緩和ケア認定看護師
***
現在、私は特別室と緩和ケア病床の病棟に所属しています。
緩和ケアは、疾患や病期に関わらず、患者さん・ご家族の様々なつらさをやわらげ、その人らしく過ごせるように支援することを目指します。患者さんのその人らしい生活を実現するためには、病態の理解だけでなく、患者さんの背景や置かれている状況を理解し、個々の患者さんの思いや価値観を尊重した関わりが必要となります。コミュニケーショを通して患者さんやご家族の思いに寄り添いながら、患者さんの価値観を理解することが求められますが、一方で、様々な苦悩を抱えた患者さんに対して、どのような言葉をかけて良いのか、戸惑うことは少なくありません。
今年度活動の一つとして、部署のスタッフと共にNURSEのコミュニケーションスキルを用いた勉強会を開催し、ロールプレイを実施しました。NURSEは患者の感情表出を促すコミュニケーションスキル(N:Naming(命名)U:Understanding(理解)R:Respecting(承認)S:Supporting(支持)E:Exploring(探索))ですが、患者さんの感情を引き出すことは患者さん自身が感情と向き合い、整理する機会となり、患者さん自身の意思決定支援につながります。ロールプレイを通して、「患者さん側の気持ちが理解できた」、「自分自身のコミュニケーションを見直す機会となった」、「他の人のコミュニケーションからの学びがあった」、「今後NURSEのスキルを使っていきたい」などのスタッフの反応がみられました。今後も、部署のスタッフと共に、患者さんの感情を引き出し、その人らしい意思決定支援が行えるよう、効果的なコミュニケーションを図っていきたいと思っています。



このページの先頭へ

本院では、看護師一人ひとりがキャリアを主体的に考え、仕事への意欲を高めながら明確なステップアップを目指すために、キャリアラダーを導入しています。
キャリアラダーは、入職すると初心者ラダーからはじまり、ラダーⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳと段階が上がっていきます。エキスパートは、ラダーⅣの段階に到達し、看護実践能力が高い看護師です。エキスパート認定を希望するものは、所属している部署の看護をさらに充実していくための活動計画を立て、他の看護師や看護管理者と協力し合いながら、部署の看護の質向上に向けて取り組みます。そして、1年間取り組んだ活動の成果が評価され、エキスパートとして認定を受けます。その後も自己研鑽をしつつ看護実践力を高め、看護の実践モデルとして活躍します。
今年度は、4名の方がエキスパートにエントリーし晴れて認定を受けました。その取り組みは、看護実践をサービスマネジメントや経営の視点から考えた取り組みを行い看護師の看護観を深めることにつながった活動、日々の看護実践の指導を通して部署独自の教育体制や教育プログラムを作成することで経験を実践知として共有した活動、部署の特徴ある看護について勉強会やチームを作って活動を行うことでスタッフの看護への関心を深めた活動、部署の看護の特徴を過去のデーターから丁寧に分析し現状の看護をスタッフと共に振り返ることで新たな看護の方針を考える活動でした。
エキスパートとしてどんな役割を果たしていきたいのかを質問したところ、自分の活動を通して一緒に働く看護師に看護の楽しさや充実感を感じてほしい、楽しく看護をすることでモチベーションが上がり次の看護に繋げてほしいと、キラキラした輝いた目で話していたのがとても印象的でした。エキスパートの活躍を今後も期待し、応援していきたいと思います。


このページの先頭へ

今年度は、専門看護師、認定看護師のみなさんに現在取り組んでいらっしゃることをご紹介頂きます。

第11回 新生児集中ケア認定看護師
***
現在、NICU/GCUに所属し活動しています。当部署には、早産児や、重症新生児仮死、染色体異常児などが入院しています。早産児であればあるほど後遺症のリスクが高くなる可能性があり、看護師のケアがその後の児の成長や発達に影響を与えるとも言われています。そのため、看護の専門的な知識や技術を求められることも多い部署です。
そんな中で認定看護師として、スタッフ教育に力を入れています。その一例として、急変時の冷静な判断や適切な処置を行うことができるよう新生児蘇生法「一次」コースを開催し、スタッフの適切な蘇生処置技術や急変時対応能力の向上を目指しています。さらに新生児蘇生法「一次」コースの認定を取得した看護師を対象として、毎月新生児蘇生法「スキルアップ」コースを開催し、文字通り、急変時対応能力がスキルアップし続けられるよう支援しています。この研修には、当部署スタッフのみならず関連部署のスタッフも参加しています。
また、後遺症のない生育を目指して、スタッフ皆が同様に質の高い看護を提供できるよう部署ではペアナーシング制度を導入し、複数のスタッフで起こりうる合併症を予測し、対処できるよう心掛けています。今後も、障がいをもった児と生きていく家族に対し、障がいの受容と愛着形成支援、社会資源・制度の紹介、医療的ケアの手技習得支援、在宅移行の意思決定や継続支援の確保などをとおして、優しいケアを実践していきたいと考えています。


このページの先頭へ