看護師ブログ

周産期母性科では、新人助産師8名を迎えることができました。
新人助産師は学生時代にそれぞれの実習施設で分娩介助方法を学んでいるため、就職後は当院の分娩介助
方法を覚えるために、先輩看護師による演習指導やDVDでの自己学習を行います。
その後、5月の連休明けから先輩の分娩介助チェックを受けてOKが出ると分娩介助業務が開始となります。
今回、演習後の自己練習中からチェックまでの新人助産師の気持ちをご紹介します。

Q.分娩介助の練習はどのように行ないましたか?
A.
・業務終了後に同期と分娩室で分娩モデルを使って練習しました。先輩に声をかけて見てもらう
 こともありました。
・マニュアルやDVDを見てイメージトレーニングをしました。
・勤務の空いている時に時間をもらって練習しました。
・自宅や通勤時にマニュアルを見てイメージトレーニングしました。
・同期に産婦役になってもらい介助中の声かけの練習をしました。

Q.練習しているときは、どんな気持ちで練習していましたか?
A.
・学生の頃学んだ手技やお産の場面を思い出しながら、練習とはいえ緊張感がありました。
・先輩も遅くまで付き合って下さりありがたいなぁという気持ちと同期も頑張っていて1人では
 ないんだという心強い気持ちでした。
・病院のやり方を早く習得しないと!!という気持ちで練習しました。
・少ない時間で練習できるときには「この時間でできるだけのことは吸収しよう」という気持ち
 でした。
・お産を介助できるワクワクを感じながらやっていました。

Q.先輩からOKが出た時はどんな気持ちでしたか?
A.
・自分が介助できる嬉しさの反面、安全にできるだろうかという怖さや責任感がとても大きいです。
・「あぁ、やっと合格できた!」と素直に思いました。
・お産を担当するのが楽しみで嬉しかったです。また、気を引き締めて産婦さんの満足いくお産のサポート がしたいと思いました。

Q.これから産婦さんと、どんなお産ができればいいなぁと思っていますか?
A.
・産婦さんの主体性を活かして本人とご家族の満足いくお産のサポートがしたいです。
・一生のうちの大切なイベントなので、一例一例、助産師として関わらせていただけることに感謝したい
 です。
・産婦さんにとって安心して充実したお産になるように介助できればいいなと思っている。
・産婦さんが「私、頑張ったな」と思えるような、そして「この助産師さんについていけば頑張れる・
 大丈夫・心強い」と思ってもらえるような介助をしたい。
・産婦さんが「自分の力を最大限に発揮できて良かった」と満足できるようなお産をサポートしたいです。



このページの先頭へ

整形外科病棟 S.Aさん(弘前大学卒業)
* * *
平成29年4月に就職して、2ヶ月、半年、と近況を教えてくれたS.Aさんですが、現在の様子を本人と指導者の皆さんから伺いました。
「1年間を振り返って」
看護師になってそろそろ1年が経とうとしています。多くの患者さんを受け持つ事で患者さん一人ひとり
の個別性に合わせ、看護師として向き合う責任感の重さを感じました。
また、大学病院であるため、先進医療に携わることでやりがいを感じることもできました。
さらに、整形外科の先輩方はとても優しい方ばかりで、仕事に加えプライベートでも仲良くさせていただいており、充実した社会人生活を送ることができています。これからは、まだまだ勉強不足のため、日々精進して患者さんに信頼されるような看護師になっていきたいと思います。


部署の暑気払い


仲間と野球観戦

指導者からのコメント
✿プリセプターからのコメント✿  
入職して1年が立ち、初めは緊張した面持ちで仕事に来ていましたが、今では患者さんや他のスタッフと積極的にコミュニケーションをとり、楽しそうに働いてくれています。時には厳しく指導することもありましたが、日に日に自分でできることが増えてきている様子を見ると、頼もしさも出て来たように感じます。プライベートでは一緒にお酒を飲む機会が増え、仲良くなれたと思います!
これからも楽しく働いていきましょう!\(^O^)/
✿シニアプリセプターからのコメント✿
新しい環境や仕事に慣れるまで大変だったと思いますが、1年間よく頑張りました!
入職したての頃は「大丈夫かな?」と心配することもありましたが、今は頼れる存在に成長しましたね。
今後の活躍を期待しています!!
✿教育担当副師長からのコメント✿
いつも優しい笑顔のS.A君。1年間頑張りましたね。これからもW11階の仲間と一緒に頑張りましょう!!
4月からも期待しています!
✿師長さんからのコメント✿      
S.Aさんは、いつも笑顔で自分から積極的に輪に入っていける人なつっこさがあります。
それが看護にも活かされ、患者さんと上手にコミュニケーションを取ることが出来ています。ひとりでできる看護技術も増え、1年でたくましく成長しました。


病棟での勉強会で発表したときの様子


テーマは「床上での安楽な体位」で、1年間の学びの集大成を先輩達に披露しました

「これから就職活動する方々へのメッセージ」
千葉大学病院は、看護師に対する待遇、福利厚生、職場の雰囲気がとても良いところだと思います。
私は、青森出身ですが地方から就職している看護師も多く、そこでのコミュニティもあってプライベートも充実しています。働きたい病院で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、是非一度インターシップなどで見学にいらして、当院の良さを感じていただけたらと思います。


病棟での勉強会で発表したときの様子


このページの先頭へ

整形外科病棟 S.Aさん (弘前大学卒業)
* * *
Q1.現在の仕事について教えてください、
就職してから半年が経ち、自立した業務・ケアが増えてきて日々充実しています。また受け持ち患者さんも担当するようになり、入院から退院までの経過観察やケア、精神面のサポートをしています。整形外科は、多くの分野に分かれているため、多種多様な面から展開される看護の難しさを感じています。

Q2.看護師としての新たな気付きや発見はありましたか?
医療職は知識や経験がとても大事で、日々勉強になることが沢山あります。また、看護師は患者にとって頼りたい存在であることを身にしみて感じました。しかし、知識や経験の少ない私はその場で明確な対応が出来なかったことが多く、頼りになる存在としてはまだまだです。今後、より多くの知識を身につけ経験を積み、頼りがいがあって信頼してもらえる看護師になりたいと思いました。

Q3.どのような自己の成長を感じていますか?
初めは全て先輩に教えて貰い、手伝って貰いながらではないと何も出来なかったのですが、いまでは自立してできるケア・業務が増えてきたことに対して自己の成長を感じています。
また半年が経ち新人が付ける若葉マークのバッチが取れたことで、これからもっと成長していかなければならないと感じています。
バッチは記念として大事にしまってあります。

Q4.参加した勉強会や学会を教えてください
病棟の勉強会では、「褥瘡対策について」「特殊マットレスの選択について」「気管切開に関して」「循環器疾患について」「PORM分析について」「VAC療法について」等に参加しました。看護部の新人必修研修では、「BLS」や「メンタルヘルス」の研修がありました。選択研修では、「糖尿病看護」を受講しました。どれもとても勉強になっています。学会には、まだ参加していませんが機会を作って参加していきたいと思います。

Q5.夏休みはどのように活用しましたか?
帰省し友人と海にいきました。また、熱海や箱根に旅行にいき、とても楽しい思い出ができました。

Q6.半年間で一番楽しかったことは何ですか?
夏休みの旅行です。私は、温泉がとても好きなので最高の思い出ができました。また、病棟の先輩方と行ったロックフェスも楽しかったです。同じ趣味を持った先輩と出会えてとても良かったです。

Q7.今の目標は何ですか?
患者さんの受け持ちが始まったので、入院から退院まで責任もってやり遂げることです。
幅広い視野で看護を展開できるよう日々勉強に勤しんでいきたいと思います。

Q8.プリセプターからひと言お願いします。
わからないことはすぐ調べて、不明な点は聞いてくれるので安心です。できることが増えてきたことを指導しながら実感しています。持ち前の明るさで楽しく働いている様です!
これからも一緒に頑張りましょう。( ^o^)ノ


このページの先頭へ

整形外科病棟 S.Aさん (弘前大学卒業)
***
看護師を目指したきっかけをお聞かせください。
確固たるきっかけが特にありませんでした。しかし、学生の時に実習を通して、看護師が患者さんにとっていかに大事な存在であるかを肌で感じるとともに、看護の勉強をしていくうちに難しさのなかに面白さを感じ、看護師になって医療現場で働きたいと思いました。

千葉大学医学部附属病院で働こうと思った理由をお聞かせください。
千葉大学病院のインターンシップに参加させていただきました。そこで教育担当の看護師さんの優しさに触れ、また、福利厚生、教育がとても充実していることを知りました。働きやすそうだと感じ、千葉大学病院で働きたいと思いました。

現在の仕事についてお聞かせください。 
私が働いているにし棟11階は整形外科病棟です。腕・肩・腰・足など様々な部分を手術した患者さんを対象としているのが特徴です。そのため多種多様な補助具・装具があり、それを用いながら患者さんのADLが向上するように働きかけていますが、一人ひとり治療がさまざまであり、看護の難しさを感じています。
部署の中で4年目の先輩がプリセプターとして私の指導を担当してくれています。そのプリセプターをはじめ、たくさんの先輩にいろいろなことを教わりながら日々ケアをしています。


配属の病棟で


装具の調節中

勤務がお休みのときはどのように過ごされていますか?    
同期や先輩方と飲み会を開いたり、同郷の友人とショッピングやライブに参加したりしています。旅行が好きなのでそのうち旅行にも行きたいです。プライベートでも充実できる環境が千葉大学医学部附属病院にはあると思います。

今の目標は何ですか?
まずは看護師として独り立ちが出来るようになることです。多くの研修や病棟の先輩からたくさんの知識や技術を学び、1日でも早く先輩方のような看護師になることです。

看護師を目指す学生さんへメッセージをお願いします。
もし就職先選びに悩んでいる方がいましたら、ぜひ千葉大学病院のインターンシップに参加してみて下さい。病棟の雰囲気の良さや、福利厚生、教育などがとても充実していることが分かると思います。
実習や勉強で忙しいと思いますが、プライベートも充実させ、リフレッシュしながら、将来のために頑張ってください。


看護基礎技術の研修


優しいプリセプターと


このページの先頭へ

内科系混合病棟 S.Oさん(千葉市青葉看護専門学校卒業)
***
現在のお仕事の様子について教えてください。
私が働いているひがし棟7階は血液内科、消化器内科、臨床腫瘍部の混合病棟です。比較的年齢の若い患者さんが多く、病歴が長いのが特徴です。
混合病棟なので疾患や治療など学ぶことの多い毎日です。特に血液内科の患者さんの治療法はさまざまであり難しさを痛感しています。でも最近は、患者さんと接して看護する中でやりがいを感じるようになってきました。

働いて大変だったことはありますか?またそれをどのように乗り越えましたか?
混合病棟であるため、疾患や治療がさまざまで、勉強するのが大変でした。日々の情報収集も大変です。ちょっとした情報不足が大きな間違いにつながってしまいますから。
そんな中プリセプターさんやその日のフォローの先輩が、勤務が終了した後に必ず振り返りを行ってくれます。その日できなかったことや、次の日の目標、勉強すべき課題が明確になり、とても助かります。学んだことを看護に活かせるようにもっと頑張りたいと思います。
同期との交流も気持ちの切り替えに役立ちます。勤務が一緒の時に出掛けて食事をしながら話をして、エネルギーを充電しています。

今の目標は何ですか?
入職して4カ月になり出来ることが増えてきたので、確実に自分の力にしていき今まで経験したことのない処置や治療を経験できるように積極的に行動していきます。そのため初めての処置や治療は先輩に声をかけて一緒に見てもらって指導して頂いたり、先輩の動きを見たりして日々の看護に活かせるようにしていきます。そして、早く私のプリセプターのように沈着冷静な看護師になることが、私の目標です。

就職活動をしている後輩の方へメッセージをお願いします。
実習や国家試験の勉強で毎日忙しく大変だと思いますが、今学んでいることは将来必ず必要になることなので、ぜひ頑張ってください。
就職先選びで迷ったら、まずは病院見学やインターンシップに参加してみて下さい。病棟の雰囲気や看護に触れる良い機会だと思います。私もインターンシップに参加して就職を決めました。
千葉大学医学部附属病院で皆さんとお会いできることを心からお待ちしています。



このページの先頭へ