看護師ブログ

食道胃腸外科病棟 K.Yさん(北海道医療大学卒業)
***
現在のお仕事の様子について教えてください。
私はにし棟5階の食道胃腸外科で働いています。食道胃腸外科は、食道・胃・腸の3つにグループが分かれています。それぞれのグループで疾患・治療など勉強しなければいけない事が多く大変ですが、日々の患者さんとの関わりや病棟の先輩方・先生方のご指導、同期の支えがあり、忙しい中でも楽しく仕事をしています。
外科病棟なので1日の仕事の流れが速く入職当初は戸惑うことも多かったのですが、徐々に流れをつかむことが出来てきました。患者さんにとって良い影響となる関わりも出来るようになり、患者さんから感謝の言葉を頂くことでやりがいも感じられるようになりました。

プリセプターさんはどのように関わってくれますか?
実践を通した看護技術の指導や、疾患や治療などの説明、学習の進行状況の確認など優しく支援してくれています。それまでの振り返りも定期的にしてくれるので、自分の足りない知識や技術についての確認をすることが出来ています。
また、プリセプターさんは経験豊富でありながら、自分と年齢の近い看護師さんなので相談などもしやすく先輩達の中で一番近い存在としてサポートしてくれています。

どのようにリフレッシュしていますか?
病院の同期や大学時代の友人と食事に行ったり、遊びに出かけたり、連休には友人と音楽のライブに行ったり車で遠出をしたりしています。
体を動かすことが好きなので、水泳やランニングなどをしてリフレッシュしています。
夏季休暇では北海道の実家に帰省したりも出来ています。

就職活動をしている後輩の方へメッセージをお願いします。
実習や国家試験の勉強、卒業研究など忙しい中で、就職活動をしなければいけないと思いますが、少しでも興味のある病院には足を運び、病院の雰囲気やそこで働く看護師さんの姿を見てください。病院見学やインターンシップに参加することで実際に自分が働くイメージもつくと思います。
是非、千葉大学医学部附属病院にも見学に来て下さいね。