看護師ブログ

内科系混合病棟 S.Oさん(千葉市青葉看護専門学校卒業)
***
現在のお仕事の様子について教えてください。
私が働いているひがし棟7階は血液内科、消化器内科、臨床腫瘍部の混合病棟です。比較的年齢の若い患者さんが多く、病歴が長いのが特徴です。
混合病棟なので疾患や治療など学ぶことの多い毎日です。特に血液内科の患者さんの治療法はさまざまであり難しさを痛感しています。でも最近は、患者さんと接して看護する中でやりがいを感じるようになってきました。

働いて大変だったことはありますか?またそれをどのように乗り越えましたか?
混合病棟であるため、疾患や治療がさまざまで、勉強するのが大変でした。日々の情報収集も大変です。ちょっとした情報不足が大きな間違いにつながってしまいますから。
そんな中プリセプターさんやその日のフォローの先輩が、勤務が終了した後に必ず振り返りを行ってくれます。その日できなかったことや、次の日の目標、勉強すべき課題が明確になり、とても助かります。学んだことを看護に活かせるようにもっと頑張りたいと思います。
同期との交流も気持ちの切り替えに役立ちます。勤務が一緒の時に出掛けて食事をしながら話をして、エネルギーを充電しています。

今の目標は何ですか?
入職して4カ月になり出来ることが増えてきたので、確実に自分の力にしていき今まで経験したことのない処置や治療を経験できるように積極的に行動していきます。そのため初めての処置や治療は先輩に声をかけて一緒に見てもらって指導して頂いたり、先輩の動きを見たりして日々の看護に活かせるようにしていきます。そして、早く私のプリセプターのように沈着冷静な看護師になることが、私の目標です。

就職活動をしている後輩の方へメッセージをお願いします。
実習や国家試験の勉強で毎日忙しく大変だと思いますが、今学んでいることは将来必ず必要になることなので、ぜひ頑張ってください。
就職先選びで迷ったら、まずは病院見学やインターンシップに参加してみて下さい。病棟の雰囲気や看護に触れる良い機会だと思います。私もインターンシップに参加して就職を決めました。
千葉大学医学部附属病院で皆さんとお会いできることを心からお待ちしています。