看護師ブログ

神経内科外来 林真代さん
* * *
多職種連携による多発性硬化症(以下MS)の専門外来の立ち上げを視野に入れ、医師、臨床心理士、看護師によるチームでの在外派遣研修(7泊9日)に、外来看護師の立場で参加しました。研修は、MSの有病率が日本より圧倒的に多いドイツにおいて、その社会的必要性の高さから、MS専門外来が確立されている、ハイデルベルク大学病院とシャリテ医科大学病院で行いました。


シャリテ医科大学病院


研修風景

施設見学や診療場面の見学に加え、MS専門の医師や看護師から直接話しを伺う機会もあり、MS専門看護師の役割や責任、患者・家族への支援、多職種連携によるチーム医療などについて学ぶことができました。また、MS専門看護師として、MS患者を多角的に支援しており、その中でも患者とのコミュニケーションを大切にし、患者にとって身近な存在であるという責任と自負があり、治療方針の検討においても医師に積極的に意見を述べていることに感銘を受け、MSに関する十分な経験と高度な教育に裏付けされた専門性の高さを感じました。
MSは、再発と寛解を繰り返す慢性・難治性の神経疾患であり、長期にわたる継続治療では、外来における医療および看護提供の必要性が高くなる中で、患者を支える看護がこれまで以上に重要となってくると思います。適切な身体的・精神的ケア、継続看護、患者のQOLの向上のためには、看護師が積極的に介入することが望ましく、今回の研修で得た学びを看護実践に活かし、MS患者に限らず、関わる患者に対して、個々の多様なニーズに対応した看護ケアの提供、安全・安心で信頼されるよう看護の質の向上に活かせるよう取り組んでいきたいと思いました。