研修・教育について

ホーム

研修・教育について

クリニカルラダーに沿った教育

クリニカルラダーに沿った教育

看護部のクリニカルラダーシステム

当院看護部のクリニカルラダーシステムは、自律、継続学習、責務と協働をキーワードとし、初心者、ラダーI~ラダーIV、エキスパート、副看護師長、看護師長、専門分野の看護師のラダーで構成されています。

クリニカルラダーを用いた能力の開発

ラダー段階に応じた院内研修プログラムが組まれており、より高いラダーを目指すための学習を効率的に行うことができます。また、評価を受けるための看護管理者との面接により、個々の課題が明確になり、より高いラダーへの到達を目指して学習の動機を高めることができます。

評価の方法

評価を受ける者は、看護実践能力、学習・教育・研究能力、管理能力、人間関係能力について、各段階毎に設定された項目を自己評価し、さらに他者評価を受け、それらをもとに看護管理者と面接を行い、両者ともに納得のいく評価を決定します。

クリニカルラダー

このページの先頭へ

院内研修プログラム

平成23年度からクリニカルラダーIII、クリニカルラダーIVでは選択研修において、以下のコースのうち2つ以上を修了することが必須になりました。

クリニカルラダーIII

プリセプター実践研修、小チームリーダー研修、看護実践における倫理的問題GW、事例に学ぶスタッフ指導、がん看護専門アドバンスコース、慢性疾患アドバンスコース、看護研究

クリニカルラダーIV

シニアプリセプター実践研修、リーダーベーシック研修、看護実践のナラティブ、看護実践における倫理的問題GW、事例に学ぶスタッフ指導、がん看護専門アドバンスコース、慢性疾患アドバンスコース、看護研究
※クリニカルラダーIVの場合は、ラダーIIIで受講したもの以外を選択

必修研修 ラダーI対象

研修名称 教育内容
入職者研修
オリエンテーション
  • 医療安全管理体制
  • 院内感染対策
  • 個人情報保護
  • 薬剤部の業務
  • 臨床栄養部の業務
  • ME機器管理センターの業務
  • 病院、看護部組織と運営
  • 看護業務および看護補助業務
  • 就業上の諸規則と福利厚生
  • 勤務・労務管理
  • 事務部の業務
  • 看護職者の学習とキャリアアップ
  • 新人のメンタルヘルス
  • 放射線部の業務
  • 災害対策
  • 看護記録と記載基準
  • メンタルヘルス など
入職者研修
電子カルテ入力操作演習
  • 病院情報システムの運用
  • 看護支援システム入力操作練習
  • キャリア開発支援システムNurseNAVI
入職者研修
看護技術トレーニング
(輸液ポンプ)

【講義】

輸液ポンプを安全に使用するために

【演習】

  • 指さし呼称確認
  • 輸液の開始〜終了
  • 薬剤のボーラス投与
  • アラーム対応(閉塞、気泡混入、電圧低下)

終了後チェックリストを用いての振り返り

入職者研修
サービスマナー実践研修

【講義・演習】

  • 組織人・社会人・専門職者として必要なビジネスマナー
  • 身だしなみ・挨拶・言葉使い
  • 仕事への姿勢
  • コミュニケーション など

8月(中間評価)と1月(最終評価)にNurseNAVIスキルチェック登録にて自己評価・他者評価を行う。

入職者研修
医療安全

【講義】

  • 看護師の実施できる範囲(法的根拠)
  • 当院でのルール(点滴・注射に関してなど)
  • 医療の複雑性
  • ノンテクニカル、チェックバック(再確認)、ハンドオフ(情報伝達・申し送り)など
  • 新人に多いインシデント

【演習】

  • ノンテクニカル、チェックバック、ハンドオフなどを実際に行ってみる
入職者研修
与薬

【講義】

  • 薬剤師の役割と業務内容
  • 薬剤の特徴
  • 薬剤と医療安全
  • アレルギー反応
  • 保管条件(劇薬・毒薬・麻薬・向精神薬・ハイリスク薬)
  • 困ったときの対処方法

【演習】

  • 薬剤の作用、有害反応、注意事項、与薬後に必要な観察内容を調べる
入職者研修
感染対策の基本
  • 手指衛生、個人防護具の必要性や実施・着用タイミング
  • 針刺し体液曝露による感染症
  • 針刺し体液曝露防止策
  • 針刺し体液曝露後の対応
中途採用者研修
  • 病院概要
  • 院内感染予防
  • 医療安全管理体制
  • 個人情報保護
  • サービスマナー
  • メンタルヘルス
  • 病院情報システム、看護教育計画
  • (必要に応じて)看護業務に必要な看護技術
看護技術
トレーニングI

①吸引
②導尿
③膀胱留置カテーテル
④経腸栄養
⑤その他(部署で希望する項目)
①〜⑤より、部署で行う機会が多い看護技術を1項目

看護技術
トレーニングI
(BLS)

救急看護I(BLS)

メンタルヘルス

【講義】

  • メンタルヘルスの基本的知識
  • コーピングについて

【演習】

  • 職場でのコミュニケーション

【リラクセーション】

  • 呼吸法と漸進的筋弛緩法
安全な医療の提供のために

【事前課題】

①自己が経験したヒヤリ・ハット(またはインシデント)事例

②自己のインシデントに関連する院内の安全管理のルール、マニュアルのコピー

【演習】

KYT分析

【グループワーク】

①リスクセンストレーニング

②提示事例のKYT分析(演習で解説)

③自己のヒヤリ・ハット(又はインシデント)事例の検討

【講義】(予定)

「KYTとは」研修担当者
「安全な医療を提供するために」医療安全管理部看護師長

【研修後レポート】

①自己のヒヤリ・ハット(又はインシデント)事例のKYT分析

②自己のヒヤリ・ハット(またはインシデント)事例に基づいた目標と具体策を立て、中間と最終評価をする。

個別看護展開I

【講義】9月

看護過程の展開について、看護診断について
レポートの書き方と注意点

【レポート】

標準的な受け持ち患者(複雑でない一般的な経過をたどる患者)の情報収集、アセスメントの過程を経て看護診断を用いて看護計画を立案し実践・評価する

【レポート提出】1月31日

メンバーシップ研修1
メンバーシップを
発揮しよう!

【事前課題】

「チームメンバーとして自分が病棟で困った場面」(例えば報告・連絡・相談がうまくいかなかった、先輩やリーダー、医師とコミュニケーションがうまくいかなかったなど)

【講義・演習】

  • メンバーシップについて
  • チームにおけるコミュニケーション

【グループワーク】

  • 事前課題「チームメンバーとして自分が病棟で困った場面」について、振り返り共有する。またどのような行動をとることがチームメンバーとして適切であったかを話し合う。
  • 講義、グループワークを通しての学びを記入する。
重症度、
医療・看護必要度研修
  • 看護必要度の定義
  • 看護必要度評価の目的
  • 看護必要度評価方法
  • 看護記録記載についての注意事項
  • 評価に際しての基本的な考え方
看護記録研修
  • 看護記録記載基準についての説明
  • 看護記録記載基準の内容の説明(主に看護DB、経過記録、看護計画、看護サマリ)
  • 実際の書き方を具体例で示しながら説明

このページの先頭へ

必修研修 ラダーII対象

研修名称 教育内容
事例に学ぶ

第1回:7月

【事前課題】

  • 自分自身がかかわった事例をA4用紙1枚程度のフォーマットに沿ってまとめ、提出する。

【講義及びグループワーク】

  • 事前に提出した事例について事例提供者が情報提供を行う。
  • グループワークを行い、アセスメントの視点を出し合う。

第2回:10月頃

【講義及びグループワーク】

  • ビデオ教材を視聴し、看護アセスメント及び看護介入についてグループワークを行なう
  • 講師から解説をしてもらい学びを深める

【事後課題】

  • 研修2週間後までに、看護実践における自己の課題とそれに対する具体策を自己評価票に記入し、提出する。
個別看護展開II

【個別看護展開レポート】

自身が関わった患者の看護展開をフォーマットに沿って記述する。

  • 部署内で患者カンファレンスまたは指導者からのアドバイスを受け、その結果を看護過程に生かす。
  • 自己評価票に沿って、評価を行い、指導者または管理者からコメントを受けレポートと共に提出する。
メンバーシップ研修2
メンバーシップを
究めよう!

【事前課題】

チームメンバーとして「メンバーシップを発揮することができた場面」、「発揮できなかった場面」など、自己の事例を振り返りフォーマット(A4用紙1枚)に沿って記載する。

【講義】30分

「リーダーになるために:リーダーシップとチームに求められるメンバーシップとは」

【グループワーク】100分

①事前学習を共有し、チームにおけるメンバーとしての活動を振り返る。

②リーダーの役割と機能を考える。

③リーダーシップ、メンバーシップの視点から、チームにおけるメンバーのあり方を考える。

【グループワーク発表・意見交換】50分

グループワーク内容を発表し意見交換を行う。

【事後課題】

講義及びグループワークから「自己の課題」を明確にし、フォーマットに記載して提出する。

看護技術
トレーニングII

<末梢静脈留置研修>

【講義】DVD視聴

  • 点滴静脈注射の法的解釈の経緯と看護業務における位置づけ、看護師が行う範囲・状況について
  • 医療を受ける患者の権利と権利擁護のための看護師の役割と責務について
  • 安全な与薬の責任ある実施に際して、看護師がもつ権利と義務
  • 与薬方法としての点滴静脈注射の特性・危険性について
  • 安全な点滴静脈注射技術の手順と注意点について
  • 点滴静脈注射の合併症とその予防・対処方法について

【技術演習】

シミュレーターおよび人体にて演習を行う。

【事後課題】

チェックリストを活用して部署での演習を行う。

リーダー研修
準備編

【事前課題】

指定のフォーマットに従い「リーダー活動の中で困っていること・悩んでいること」について1つあげ、具体的に記載する。

【講義】40分

「リーダーの役割とリーダーシップ」

【グループワーク】120分

①事前課題「現在与えられているリーダーとしての役割(係活動・リンクナース・夜勤リーダーなど)を果たす中で感じている疑問、悩み」の背景、問題となることについて話し合う。

②グループワークを行うことでリーダーの役割や能力・スキルを理解し、今後リーダーをするうえでの自己の課題をみつけ、目標と対策を考える。

【グループワーク発表・意見交換】20分

グループワークで話し合った内容を発表し意見交換を行う。

【事後課題】

今後リーダーを行う上で、「目指すリーダー像」「アクションプラン」を明確にし、自部署の管理者にコメントを記載してもらい、提出する。

個別看護展開III

【事例研究】

自身が関わった看護実践を事例研究としてレポートにまとめ、メールにて提出する。
レポート提出前チェック表は、紙面でレポート締め切り期日までに提出する。

【事例発表会運営会議】12月中旬

研修生部署代表1名ずつが参加し、発表会の運営について役割分担や運営方法を話しあう。

【事例発表会】

  • 各部署から推薦された者の中で選考委員が選んだ事例を口演する。
  • 当日の運営は研修生が行う。

【自己評価票の提出】

事例発表会終了後、今回の事例研究や他部署での実践内容を聞き、自身が成長したところや課題ついて、記載し提出する。

このページの先頭へ

必修研修 ラダーIII対象

研修名称 教育内容
リーダー研修
基礎編
●ラダーIII認定
のための研修

1.外部講師による講義 6〜10月

6月予定

  • リーダーシップとは・組織におけるリーダーの役割
  • OJTの基本(リーダーのコミュニケーション術)

講師:小林未亜先生(予定)

7月予定

  • リフレクション

講師:黒田久美子先生(予定)
*その他リーダーに必要な能力に関連した研修を紹介、受講をすすめる。

2.リーダーの実践とリフレクション 10〜1月

1)10月:グループワーク「理想のリーダー像とは?」
2)自己の強みと弱みをふまえてリーダーとしての課題を明らかにする。
3)課題解決にむけて計画立案し、日勤リーダーを実施し、リフレクションする。管理者とともに評価する。
4)3)をもとに再度リーダーとしての課題解決にむけて日勤リーダーを実践し、リフレクションする。管理者とともに評価する。
5)1月:グループワーク「実践と振り返りの共有と、リーダーとしての今後の課題」を明らかにする。

このページの先頭へ

必修研修 ラダーIV対象

研修名称 教育内容
リーダー研修
応用編
●ラダーIV認定
のための研修

5月:講義

「問題解決のプロセス」、「リーダーシップ」、「チームビルディング」、「変革理論」など
講師:小林未亜先生(予定)

*その他リーダーに必要な能力に関連した研修を紹介、受講をすすめる。

6月:活動計画書の作成

部署の管理者と支援を受けながら活動計画書(課題・課題解決のための計画・評価方法など)を作成する。

7月~:部署での活動、他施設・他部署見学、文献学習

管理者の支援を受けながら、部署の課題解決のための活動ができる。

10月:中間報告書の作成および中間報告会

管理者の支援を受けながら、活動の中間報告書を作成する。
中間報告会で、自己の活動を客観的に見直し、今後の計画修正や活動に活かす。

9月~10月:講義

「伝える・伝わるプレゼンテーションのすすめ」を受講する。(未受講者は必須)

1月:活動報告書の作成、プレゼンテーションの準備

管理者の支援をうけながら活動報告書を作成、プレゼンテーションの準備をする。

2月:活動報告会

スライドを用いた口頭発表をする。

このページの先頭へ

必修研修 副看護師長・看護師長対象

研修名称 教育内容
新任副看護師長研修

5月:【講義・GW】副看護師長の役割とリーダーシップ
7月:【講義】目標管理
9月:【講義】メンバーの育成と活用
9月:【講義・GW】選41ファシリテーション研修(必須)
11月:【講義・GW】プロジェクトマネジメント

■部署の課題解決

1月:自部署における現状の問題と課題
  事前レポート、グループワーク
2月〜3月:課題の計画化、課題解決計画書の作成
4月〜12月:実践、評価
12月:他施設見学
平成29年1月:実践報告書の提出、発表

副看護師長研修

12月

【講演】

看護部重点取り組み事項に関連したトピックス研修
(※院外研修)

  • 認定看護管理者制度 ファーストレベル教育課程(23日)
    千葉県看護協会、聖路加看護大学他
  • 実習指導者講習会 千葉県(44日)
  • 看護学教育指導者研修(ベーシックコース) 3日間コース
    看護実践研究指導センター
新任看護師長研修

4〜5月

  • 看護部組織と運営、看護師長に求められる役割
  • 人事・労務管理と人事評価
  • 看護業務管理
  • 看護の質保証と経営
  • 人材確保
  • 人材育成
  • 医療安全

7月

  • 他部署見学(看護管理のシャドーイング)半日
    (※8月院外必須研修)
  • 看護管理者研修(ベーシックコース) 3日間コース
    看護実践研究指導センター
  • 労務管理の基礎知識 半日 千葉県看護協会
看護師長研修

9月
【講演】(副看護師長の聴講可)

  • 重点取り組み事項に関連したトピックス研修

2月
【報告会】

  • 看護管理に関連した実践活動報告

【講演】

  • 重点取り組み事項に関連したトピックス研修

【グループワーク】

  • 看護部目標の評価と次年度の課題
    (※院外研修)
  • 認定看護管理者研修セカンドレベル教育課程(37日)
    千葉県看護協会 他
  • 医療安全管理者養成研修(7日)
    日本看護協会、千葉県看護協会
  • 国公私立大学附属病院医療安全セミナー(2日)
    国公立大学附属病院

このページの先頭へ

選択研修

トピックス研修含め約50項目

このページの先頭へ